FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・お久しぶりです

ども、もう少しあけようかなーと思ってましたが、記憶とやる気が残ってるうちに書いときますw

さて、黒羊が結成されるまではとりあえずお話しましたので、こっから先も文章だらけの内容になりますが良ければお付き合い下さいw
今回は解散一気に喋っちゃうとネタがなくなりそうなんで経緯を思い出しつつ僕がどうやってあのギルドを運営してたのかーとかをダラダラと書き殴ろうかとおもいます。

黒羊が結成され、僕は今までの赤石で一番熱中してました。他の上位陣の人らに比べたら大したもんじゃないですが課金もまぁそれなりしてたと思います
黒羊をつくる前は4転キャラはシフ830くらいのが一体でしたが、最後の方にはたしか剣士・シフ・弓・天使・霊術あたりは全部4転830〜870くらいまでやりました。二、三ヶ月に1体くらいのペースで4転870を作ってたのでよくギルメンや周りにいつ寝てんの?wと言われたり、露骨な横狩りはしてなかったとは思いますが少し狩場にちょっかい出されただけでも赤石ユーザーお得意の奥義「ここ使ってますけど」を使ってバトってたと思いますw
もちろん赤石と言えばもはや仕事の1つであるカケラ出しという仕事もありますのでこちらも大体40キャラほど回してました。まぁその速度で狩りもしながらカケラも出してたので睡眠時間は3時間ぐらいが平均になってたんじゃないですかね。我ながら今でもアホだと思いますw

僕はそんな感じでひたすら熱中してて、足りない人の装備とかもどうにかしてあげたいなーって感じでやってました。ただここで意外だったのが、ギルドのメンバー達がステGの頃はまったりくらいでやってた子も意外と頑張って装備集めてたんですよね。正直意外でした。
黒羊を作るにあたって呼びかけた知り合いも装備貸せるよ〜とか支援も頂いていたので、ありがたかったし嬉しかったですね。そういうおかげもあって当初は最終的にアリーナランク2部中堅まで行ければ満足かなって思ってたんですがなんだかんだで1部Fまで行けたので満足してます
装備面での運営的な側面は大体こんな感じでした。


次は黒羊での僕のギルド運営についてです。僕がギルドを作るにあたって絶対に決めていたことがありました。これに関しては共感できる方とそうでない方いると思いますが、経験したことある人はわかると思います
1・自分の判断で信用出来ると思う人意外絶対にいれない、もし入れてこの人ダメだと感じたらギルドを蹴る
2・女性の赤石ユーザーはチャットだけの人なら構わないけど通話に参加してくるような人はいれない

・1について
黒羊を作るまで色んなギルドを転々としてましたが、やっぱり長くいると揉め事というのが絶対と言っていいほど起きるんですよね。これだけはマジでどのゲームだろうと起こり得ることだと思います。お互い中身人間なんで当たり前なんですけどね。
僕は黒羊を作るからには、この問題だけは起こしたくなかったんですね。もし多少喧嘩しても付き合いの長い人たちなら僕がGMという立場を使ってまぁまぁって抑える気でいましたし、元からあるメンバーみんなでのGVGならば大丈夫だろうと考えてました。今までGMを一度もしなかったのはそういった問題の側面があったからですね。

・2について
これは正直女性ユーザーの方には申し訳ないって言いたいところなんですが黒羊のメンバーがメンバー(やばいやつら)なので入りたがる人がそもそもおらず結果オーライになってました。一応この理由を挙げますと、ネットゲームにて起こりうる問題というのは僕は主に3つだと思ってます。それは、
ゲーム運営側の不可解な改悪
男女関係
気に入らない者同士での揉め事

これなんですよねホントに。オンラインであろうと人は人であるんですが、見た目については基本わかりません。そうなればあって見たいと考える場合もある訳なんですよ。僕ら黒羊のメンバーは結成前からすでにオフ会で顔も知っているし、また今後も遊ぶつもりでもいたので、そこに女性ユーザーが含まれてしまうとそこをきっかけにして亀裂を生むきっかけにもなり得ます。僕は黒羊のメンバーが一番面白いし安心できると思っていたのでメンバー内での崩壊、これだけは嫌だったので女性かどうか見分ける手段は難しいですが常に注意しておりました。

ちなみにこの件についての余談になりますが、2について、一度ミュムというプリンセスがギルドに入りたいということがありました。チャットが可愛らしい顔文字が多く、ネカマにしてもなんか女性臭さのが強いな〜やっちまったかな〜と思っていたところ、まあずという黒羊のメンバーが「絶対かわいいじゃんか〜」などと言い始め、うわぁこれやばいなぁと思っていると、ミュム本人か知り合いどちらかはもう忘れましたがリアル画像あるよって事で見せてくれたんですね。


僕は真偽を確かめたい! まあずは絶対かわいいじゃん!


という気持ちで見たわけなんですが、出てきたのはパイナップルみてえな髪型でゴリゴリな沖縄系の色黒野郎だったんですよね。その瞬間僕は大爆笑しまぁずはマジでこいつふざけんなよ〜と怒っていましたがあれは本当に笑いました。そいつは以後黒羊でリトルをやることになった通称「ひが」ことミュムという人物です。



と、まあそんなこんなで人間関係部分の運営に関しては特に人一倍気をつけていたと思います。また自分が楽しいと思えなければ意味がないので自分がこの人なら入れたい、面白そうだ、と思う人はむしろ積極的に誘っていました。
その結果GV中に紋章を変えて遊び始めるGM(僕)・鞄破壊で外に出されて殺されるリトル(漆黒さん)・淫語で言わないとコルしてくれない天使(としちゃん)など好き放題しておりました。GV中の音声は今でも他の人には見せられないなあ…ってくらい酷いものだと思いますw
他にもパズドラが流行っていた頃、当時パズドラ衰退の諸悪の根源とも言われている曲芸師実装で「持ってるやつと持ってないやつでパーティ分けるべww」ってノリでやったらとしちゃん(天使)しか居らず、そのまま一人ソロで途中までGVしてたなど訳のわからないこともやってました。

こんな感じでやりたいよーにやっていたのが黒羊です。今までこんな感じのギルドは黒鯖には存在しなかったので僕はとても楽しかったですし、メンバーのみんなも楽しんでくれてたのかなーと思います。後にも先にもこんなギルドは出来上がらないと思いますしね。
僕が求めていたものは勝つために楽しさを忘れて戦うGVは何か違くて、楽しんでやっていてこのG強いって言われるようなGがあったらそれは素敵なことだなぁと思っていたので、思ったようになってくれた黒羊、それに楽しんでやってくれたメンバーのみんなには本当に感謝しています。ありがとうございました!

長くなったので今回はここまで。次で解散のあたりの話をしようかなと思います。文下手で本当すいません。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まりも

Author:まりも
黒鯖で活動中のまりもです

キャラ名等はブログのトップページにございます
2015 1/9より更新再開

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
♪アクセスカウンター♪
REDSTONE
Copyright © 2011 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd. 当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。
FC2ランキング
FC2ブログランキングに参加しました^^ 是非クリックお願いします!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。